コンテンツ

温水便座の水漏れは個人で修理ができない場合もある

本体以外にも温水便座では洗浄ノズルで水を使用しますので、使用していくごとにトラブルが発生する可能性が高まっていきます。温水便座は水回りの製品であるとともに家電製品でもあります。内部の修理には専門知識が必要になるため、修理業者に依頼することになります。

■一番多いノズルからの水漏れ

温水便座の中で最も起こりやすいトラブルが、ノズルが収納された状態でも水が出続ける現象です。これはノズルからの水を調節するバルブユニットという部品が劣化して閉じなくなって起こる症状です。そのためバルブユニットを交換さえすれば元通りに使用できますが、水道業者でないと修理ができない部品となっています。まず、温水便座の中に格納されていますから分解するために専門の知識が必要です。さらにパーツを入手したくても、メーカーが安全上の理由で個人での修理を推奨しておらず、業者でないとパーツが入手できなくなっています。ノズルからの水漏れが発生した場合は、速やかに修理業者に連絡して対応してもらいましょう。
また、温水便座内にある温水をためておくタンクも水漏れを起こす場合がありますが、同様の理由により内部に関すること全てに関しては個人での修理は不可能となっています。実際に火災を起こした事例もありますので故人で分解しないようにしましょう。

■給水ホースや配管からの水漏れ

個人で修理できる場所となると、水道管から水を引き込む分岐金具から給水ホースまでとなります。それぞれのジョイントの部分や分岐水栓自体が劣化して、漏れが発生していることが多いので部品ごとの交換になります。
給水ホースは通信販売でも取り寄せられますが、分岐水栓の交換の際には温水便座の型番を確認して対応するパーツをメーカーから取り寄せる必要があります。これは届くまでに時間がかかりますので、早急に対応する場合にはやはり修理業者にお願いするのが良いでしょう。

■まとめ
以上の理由によって、基本的には業者によるパーツの交換が一般的です。安く済ませたい場合には、温水便座そのものを新品と取り換えるという方法もあります。ただし、メーカーの組み合わせによっては取り付けられないものもありますし、タンク一体型トイレの場合には便座のみの交換が不可能ですので、トイレの交換も視野に入れておくと良いでしょう。交換費用はかさみますが、最近のトイレは節水機能も向上していますので長い目で見れば節約となります。
なお、借家などの場合には温水便座も室内の備品になりますので、交換する場合は管理会社の許可が必要となる場合もありますので確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ