コンテンツ

修理が必要なトイレの水漏れの原因について

トイレ 水漏れの中には、便器と床の隙間から水が染み出している状態のように便器以外が原因の場合もあります。更に便器のタンクとの接合部分以外からも水が漏れる場合もあります。単純に見ても、原因がわからない水漏れが多くあります。

■床下の排水管が原因であることもあります

起こる頻度としてはそれほどないトラブルですが、便器の下付近を通っている排水管がひび割れなどを起こして、そこから水が染み出し床まで上がってきている場合があります。このときの排水管は直接便器につながっている排水管以外の場合もあります。また、便器を設置した際に便器と排水管がわずかにずれていて、そこから水が漏れ出す場合もあります。これらの場合便器の取り外しや、下にある排水管の確認が必要になります。そのため通常の修理業者よりもリフォーム経験のある専門業者に任せたほうが確実な工事が期待できます。ちなみにこのとき床に溢れている水は汚水ですので、ゴム手袋をつけてから清掃するようにしましょう。

■タンクから水が滴っている跡がある場合

タンクから水が滴っている跡がある場合は、タンクからの水漏れが原因である可能性が高いです。その際に考えられるのが、一定の水量までタンクに水が溜まったら便器側に水を流さないように給水を止める機能である、ボールタップと呼ばれる浮きのついた水栓の故障ということです。ボールタップがわずかに締まりきらず、徐々に水位が上がってタンクから水が溢れるためボールタップの交換が必要となります。また、ボールタップが劣化していると水が止まらなくなり、タンクから水が漏れる原因にもなります。交換するのにさほど手間がかからない部品ですが、メーカーや型番ごとに種類が違ってきますのでどの部品を使えば良いのか素人目には判断がつきにくいという問題があります。確実に修理するためには専門の業者にお願いしたほうが良いでしょう。

■まとめ
このように、業者にお願いする場合はリフォームもできる業者にするか通常の修理業者で間に合うのか2パターンに分けられます。床に広がっている水を確認して汚れた水だったらリフォーム業者、きれいな水だったら修理業者を呼ぶようにしましょう。現在ではリフォームも請け負っている修理業者も存在しますので判断しにくい場合はそちらをおすすめします。
また、めったに起こらないことですが硬いものを勢いよくぶつけたときに便器自体にヒビが入ることがありますが、その場合は修理不可能ですので便器の交換をおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ