コンテンツ

トイレタンクと便器の間の水漏れの修理

トイレ 水漏れの場合、配管に原因がある場合は目視で確認すればどこから水が漏れているかわかります。しかし時折、水の出どころはわからないけれど床が水浸しになっているという場合があります。その原因の一つとしてトイレタンクと便座の間からの水漏れがあります。この場合は自分で修理することも可能ですが。DIYで直せない場合もありますので業者に依頼することをおすすめします。

■なぜ水漏れが起こるのか

トイレを10年以上使用し続けていると、経年劣化によってどうしてもあちこちが傷んできます。特にタンクと便座をつなぐ配管に使用しているパッキンはゴムでできていますので年月ともに硬化していきます。パッキンとしての役目をなさなくなり、そこから水が漏れてきます。また、タンクにパッキンを使用していないディストリビューターという形式のタンクでは便器側のホースにタンクを差し込んで固定するのですが、それが上手くいってないと水漏れを起こします。これは新品でも設置不良によって起こる症状ですので、トイレを取り換えてすぐに水漏れが起こった場合は初期不良の可能性が高いです。施工業者に連絡を入れて対応してもらいましょう。

■どうやって発見するか

床に水が広がっていて、周りを見た限り漏れている箇所が見つからなくても、タンクと便器の間から漏れているとは限りません。別の場所からの漏水がトイレを伝わって床に広がっている場合もあります。その場合は、一旦床を拭いて、水を流し確認します。普段は弁がふさがって水が流れていない状態ですが、レバーを動かして水を流してみればパッキンの劣化などによって隙間があいていればそこから水が漏れますので、漏水場所が特定できます。反対に水を流した状態で漏れずに便器の下が常に濡れている状態であれば別の場所から漏れている可能性があります。

■まとめ
このように原因を究明するまでは個人でもできますが、直す段階になると色々な懸念事項が発生します。まず工具やパッキンなどの交換部品を揃えなければいけませんし、タンクを取り外すためには水回りの配管全てを外さなくてはいけません。加えてタンクはたいてい陶器製で重たいのでうっかり手を滑らせて落として割ってしまうことも考えられますし、重たいのでメーカーが二人以上での作業を推奨している場合もあります。少しでも割れてしまうと便器全体が使えなくなってしまいます。一部でも割れてしまったら便器全て交換になり、費用が高くなってしまったということになりかねません。自分の腕を過信せず、専門業者に修理をお願いするのが一番確実で安全ではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ